ロスミンローヤル | 第3類医薬品の効果にサプリメントはタジタジ?!

サイトマップ
ロスミンローヤル
トップページ » 第3類医薬品だからこその効果

第3類医薬品の効果にサプリメントはタジタジ?!

このサイトで紹介している「ロスミンローヤル」は、女性の身体にあった成分を配合し、
特にシミ・しわ・そばかすに有効な女性用保健薬です。

 

ここでは、医薬品としてのロスミンローヤルの側面を見てみましょう。

 

ロスミンローヤルは、国が認可した第三種医薬品です。

この「第何類」という呼び名はよく耳にしますが、あなたはその明確な区別をご存知ですか?
これらは、実際にはどういう規定なのでしょう?

 

★第一類医薬品

 

「副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品のうち、特に注意が必要なものや、新規の医薬品」とされています。

 

第一類医薬品を販売できるのは、薬剤師が常駐する店舗や薬局だけです。

 

よく「この医薬品は、薬剤師から説明を受け、使用上の注意をよく読んでお使いください」と表示されていることがありますし、薬局でも「今薬剤師が不在なのでお売りできません」と言われることがあるのは、この第一類医薬品です。

 

効果も高いけれども、その分副作用もあるので、薬剤師による説明と販売が義務づけられているのです。

 

★第二類医薬品

 

第2類は、第1類ほどではないけれども、「その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品」を規定しています。

 

第二類の医薬品では、「使用上の注意をよく読んでお使いください」の前に「薬剤師・登録販売者に相談の上、」というメッセージを追加することが義務付けられるようになり、注意を勧告しています。

 

販売は、薬剤師・又は登録販売者の管理・指導の下で、一般の販売員でも可能です。

 

★第三類医薬品

 

「第一類医薬品、第二類医薬品以外の一般用医薬品」のことで、副作用が少ないことから、同じ医薬品ではあっても、販売や商品説明に際して法的制限を受けないものです。

 

★医薬部外品

 

「薬事法上、特に副作用等のリスクに問題がないもの」で、医薬品とは認めらないものを「医薬部外品」と呼びます。
一部には便宜上「第四類医薬品」と呼ぶ人もいますが、第1類から第三類までが正しく国に認められた医薬品であるのに対して、この種類は医薬品ではありません。

 

そのため、販売については特に制限がなく、販売者においても特に薬剤師・登録販売者などの免許・資格の有無は問われず、誰でも販売することができるため、便利ではあるけれども、効果のない粗悪品なども含まれます。

 

●ロスミンローヤル

 

ここまで読んでおわかりと思いますが、ロスミンローヤルは「第三類医薬品」
ですので、
 ・国に正式に認められた「医薬品」である
 ・医薬品の中でも「副作用がない(きわめて少ない)」基準値である
ことがわかります。

 

「第3類医薬品」という点で、ロスミンローヤルが国に正式に認められた「医薬品」であることは、その効果の確かさの点からも、非常に心強いものですね。

 

そして、毎日自分で飲み続けるものだからこそ、
「第3類=副作用が少ない」
という点でも安心です。

 

 

医薬品とサプリメントの違い

それでは、よく聞く「サプリ」「サプリメント」とは一体何なのでしょうか?

 

もともと「サプリメント」という言葉は、アメリカの食品区分の一つである「ダイエタリー・サプリメント(dietary supplement)」の訳語です。

 

一般にサプリというと、
 ・身体に不足しがちなビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養補給を補助するもの
 ・ハーブなど、薬効成分の発揮を目的とした食品
とされています。

 

生薬、酵素、ダイエット食品など様々な種類のサプリメントがありますが、
つまり「食品」であって「薬」ではないのです。

 

また、単なる食品とは違うという意味で、栄養補助食品、健康補助食品とも呼ばれています。

 

ただ、効果にも販売にも規制がないため、健康効果がないばかりか、
むしろ健康に害がある可能性が高いものも多いとされていて、服用には注意が必要です。
規制がないだけに、どんな成分がどれほど入っているのか、
それが妥当かをチェックする機関もありません。

 

「サプリメント」というと、何か薬の一種のような気がして
安心して飲んでいる人も多いですが、
実は、十分な注意が必要です。

 

本当に「効果」を期待するなら
「医薬品」の認定があるものを選びましょう。

 


お得情報は    
ここをクリック♪


女性用保健薬<ロスミンローヤル>☆★初回75%OFF★☆