ロスミンローヤル | そもそもなぜシミ・シワ・そばかすができるのか?

サイトマップ
ロスミンローヤル
トップページ » 40代50代でも間に合うシミ・シワ対策 » そもそもなぜシミ・シワ・そばかすができるのか?

そもそもなぜシミ・シワ・そばかすができるのか?

★シミ・そばかすとは

 

そもそもシミとはなんでしょう?

 

「しみ」とは、メラニンという色素が肌に染みついてできる「薄黒い斑点」のことです。


その原因には、大きく
 ・紫外線
 ・加齢やストレス
 ・睡眠不足
 ・肌の炎症
 ・肌荒れやニキビ
 ・ホルモンバランスの異常
などが挙げられます。

 

いわゆる「スポット斑 (老人性色素斑) 」は、老化による皮膚の変化で起こる一般的なシミで、年配でなくても発生します。

 

「肝斑(かんぱん)」は、褐色のシミが、額や頬、目や口の周りに左右対称に現れるものです。
表皮の基底層にある色素形成細胞(メラノサイト)が作り出すメラニン色素が、日焼けでどんどんと増え、皮膚の中に沈着してできていきます。

 

「そばかす」は、メラノサイト細胞そのものが日焼けによって変質するものです。
紫外線を浴びることによって、数も増し、色も濃くなっていきます。

 

★シワとは

 

シワは、肌のたるみによって深く刻まれた溝のことですが、これには
「紫外線じわ」「乾燥じわ」「笑いじわ」「老化じわ」「痩せじわ」「刺激じわ」などがあります。

 

それぞれ、原因に根差したネーミングなので、その原因もわかりやすいですね。

 

紫外線や乾燥がお肌によくないことはよく知られていますが、
笑いじわなどどうしても目じりや口元には若くてもシワが寄りやすいですし、逆にいつもしかめっ面をしていて皺になることもありますね。
また、ダイエットによって痩せたがためのシワとか、美顔マッサージで刺激を与え過ぎたがための皺というものもありますので、注意が必要です。

 

女性の場合、特に「ほうれい線」を気にする人も多いようです。
ほうれい線は、鼻の横から口元両脇にかけて「ハの字」に刻まれたシワで、これができると取れにくく、また目立つので、できるだけほうれいせんが深くならないように注意と対策が必要です。

 

 

シミもシワも、若い頃は多少できてもすぐに復元できる力がありましたが、

加齢によって徐々にこの力は弱まり、逆に外的要因のダメージも受けやすくなってきています。

 

子供の頃には、夏の炎天下で真っ黒になってもすぐに鎮静しましたが、

年齢を重ねるごとに日焼けがずっと残る現象は誰もが経験していることでしょう。

これがどんどん進んでいきます。

 

でも、外的原因を知って注意すると共に、

身体の内側から体質改善をしていくことで、

シミやシワはかなり緩和することができるのです。

 


お得情報は    
ここをクリック♪


女性用保健薬<ロスミンローヤル>☆★初回75%OFF★☆